アフガン北東部でM6・5 3人死亡、インドでも揺れ

米地質調査所(USGS)によると、アフガニスタン北東部で21日午後9時17分(日本時間22日午前1時47分)ごろ、マグニチュード(M)6・5の地震があった。ロイター通信によると、隣国パキスタンを含め、家屋の倒壊などで少なくとも3人が死亡した。

アフガンのイスラム主義組織タリバン暫定政権などが被害状況の確認を急いでいる。インドの首都ニューデリーでも揺れが観測された。

USGSによると、震源はバダフシャン州ジュルムの南南東約40キロ。震源の深さは約187キロ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細