最後のジャンボ機引き渡し ボーイング、1574機目

米ワシントン州で最後のジャンボ機の納入に付き添うボーイングの従業員=1月31日(ロイター=共同)
米ワシントン州で最後のジャンボ機の納入に付き添うボーイングの従業員=1月31日(ロイター=共同)

米航空機大手ボーイングは1月31日、ジャンボ機「747」の最後の機体となる貨物専用機を米アトラス航空に引き渡した。1967年から半世紀余り生産され、最後の機体は1574機目となった。近年は脱炭素化を背景に、ジェットエンジンを4基備えたジャンボ機は燃費性能が劣るのが敬遠され、需要が低迷していた。

ボーイングは米西部ワシントン州の工場で記念式典を同日開催。日本航空が累計110機超と世界の航空会社で最多のジャンボ機を運航していたと説明し、出席した日航の赤坂祐二社長を紹介した。

ジャンボ旅客機は最大で500人を超える乗客を運べる大量輸送が持ち味だが、燃費性能が優れた中・小型機の強化に伴い日航が平成23年、全日空も26年、それぞれジャンボ機を全て引退させた。(共同)

【フォト特集】 半世紀余り生産された「ジャンボ機」

会員限定記事会員サービス詳細