米、エイブラムス31両供与へ ウクライナ支援、欧州各国と結束確認

ウクライナに主力戦車「エイブラムス」を供与することを発表するバイデン米大統領(中央)と、それを聞くブリンケン国務長官(左)、オースティン国防長官=25日、ワシントン・ホワイトハウス(AP)
ウクライナに主力戦車「エイブラムス」を供与することを発表するバイデン米大統領(中央)と、それを聞くブリンケン国務長官(左)、オースティン国防長官=25日、ワシントン・ホワイトハウス(AP)

【ワシントン=大内清】バイデン米大統領は25日、ロシアの侵略を受けるウクライナに米国の主力戦車「エイブラムス」31両を供与すると発表した。ホワイトハウスで演説したバイデン氏は、同戦車は「世界で最も高性能な戦車だ」と意義を強調。ウクライナへの軍事支援は「国際社会としての責務」であり「ウクライナと世界の自由のために必要」だと語った。

エイブラムスの供与と、ウクライナ兵に対する習熟訓練には数カ月を要する見通し。

米軍の主力戦車エイブラムス(ロイター)
米軍の主力戦車エイブラムス(ロイター)

バイデン氏は同日、発表に先立ち、北大西洋条約機構(NATO)の同盟国であるドイツのショルツ首相、フランスのマクロン大統領、英国のスナク首相、イタリアのメローニ首相とオンラインで会談。ウクライナ支援での結束と連携を確認した。

会員限定記事会員サービス詳細