<独自>狛江グループと関連か 中野事件で新たに1人逮捕へ 警視庁

強盗殺人事件の現場となった住宅近くに集まる捜査員ら=21日午前、東京都狛江市
強盗殺人事件の現場となった住宅近くに集まる捜査員ら=21日午前、東京都狛江市

昨年12月に東京都中野区の住宅で約3千万円が奪われた強盗傷害事件で、警視庁は26日にも強盗傷害容疑などで、新たに実行犯の男1人を逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。この事件は、狛江市で大塩衣与(きぬよ)さん(90)が殺害された強盗殺人事件との関連が浮上している。実行犯は7人で、警視庁はすでに4人を逮捕。残る2人の行方を追うとともに、携帯電話を解析し、グループの実態解明を急ぐ。

捜査関係者によると、新たに浮上した実行犯の男は、別の強盗事件に関与した疑いで、すでに逮捕されているという。中野事件の実行犯のうち、警視庁は、これまでに永田陸人容疑者(21)=金沢市=ら4人を強盗傷害容疑などで逮捕している。

永田容疑者は狛江事件発生翌日の20日午後に、東京都足立区内にいたところを職務質問され、身柄を確保された。確保の際に、そばにあったレンタカーは、狛江事件前後に現場で確認された不審車と判明。車内からは、永田容疑者の携帯電話のほか、もう1台が押収され、その携帯には、狛江事件に関するやりとりや、足立区内で次の犯行を起こす事をうかがわせる内容も確認された。

車からは高級腕時計3本や、空の段ボール4箱などが見つかった。

永田容疑者は腕時計について「知人からもらった」と説明したが、1本は大塩さん宅から奪われたものとみられることも分かった。段ボールは、大塩さん宅に侵入する際に宅配業者を装うために使われたとみられる。中野事件でも、永田容疑者は宅配業者を装っていた。

永田容疑者ら中野事件の実行犯は、闇バイトなどで集められたとみられ、携帯電話からは「ルフィ」と名乗る人物から指示を受けていた。警視庁は、中野事件に関わって逮捕した男らが、狛江事件や一連の強盗事件の解決の重要な糸口になるとみており、携帯電話を解析するなどして、背後の指示役らグループの実態解明を進める方針。

指示役「ルフィ」はフィリピンに滞在か 狛江事件1週間 組織全容解明急ぐ

<独自>連続強盗 狛江で宅配業者装い訪問か 別事件と同様手口?

会員限定記事会員サービス詳細