受験リポート

キャンパスライフは立地も肝心 都心回帰する大学も

令和6年度に情報理工学部の移転が予定されている立命館大学びわこ・くさつキャンパス
令和6年度に情報理工学部の移転が予定されている立命館大学びわこ・くさつキャンパス

新型コロナウイルス感染が大きく拡大した直後には、地域間移動が大幅に減少。感染者が多い都市部を避け、自宅から通える大学へ進学する人が一時的に増える「地元志向」の高まりが目立ったが、その傾向は解消しつつある。令和5年入試でも都心回帰の動きがみられる。コロナ禍では地方にとどまった優秀層も、チャレンジ志向が回復しているという。

加えて、相次ぐ都市部への大学のキャンパス移転にも注目したい。真新しく利便性に富んだキャンパスでの学びは学生にとって魅力的だが、十分に調べておかなければ在学中に思いも寄らない通学を迫られる可能性もあるので要注意だ。

例えば中央大学法学部は4月に都心へ移転。東京駅から約1時間かかっていた東京都八王子市から地下鉄で約10分の好アクセスに。首都圏以外でも、広島大学法学部が東広島市から広島市中心部へ移転。立命館大学は6年度にびわこ・くさつキャンパス(滋賀)の情報理工学部、衣笠キャンパス(京都)の映像学部を大阪いばらきキャンパスへ移す計画を進めるなど多くの大学で移転計画が進む。

そもそもかつて大学キャンパスが郊外に多かった理由は昭和34年に首都圏で、39年に近畿圏で制定された「工場等制限法」にある。人口集中を防ぐため、都市部で1500平方メートル以上の床面積を持つ大学新設が禁じられ、多くの学生を有する大規模キャンパスは郊外に開設せざるを得なかった時代があった。

ただ、その後少子化や建物の老朽化など大学を取り巻く環境は激変。平成14年に工場等制限法の制限条項が撤廃されたことも追い風となり、少子化で学生確保に追われる大学が続々と都心回帰し始めているのだ。

実際、17年に埼玉県の朝霞キャンパスから文系5学部を都心の白山キャンパスへ移した東洋大学は、志願者数が前年度比9%増となるなど、成功した事例も数多く、大学の都心回帰は今後も続く見込み。大学のホームページなどをしっかりと確認してほしい。

入試関連ニュース

入試コラム

【2023年度入試速報実施予定大学】国公立大学

私立大へ
  • 東京大学試験後順次公開
  • 京都大学試験後順次公開
  • 名古屋大学試験後順次公開
  • 広島大学試験後順次公開
  • 九州大学試験後順次公開
  • 北海道大学試験後順次公開
  • 東北大学試験後順次公開
  • 筑波大学試験後順次公開
  • 千葉大学試験後順次公開
  • 東京医科歯科大学試験後順次公開
  • 東京工業大学試験後順次公開
  • 一橋大学試験後順次公開
  • 浜松医科大学試験後順次公開
  • 岐阜大学試験後順次公開
  • 大阪大学試験後順次公開
  • 神戸大学試験後順次公開
  • 大阪公立大学試験後順次公開

【2023年度入試】私立大学

国公立へ

同志社大学

  • 全学部日程(文系)試験後順次公開
  • 全学部日程(理系)試験後順次公開

立命館大学

関西大学

関西学院大学

早稲田大学

  • 文学部試験後順次公開
  • 文化構想学部試験後順次公開
  • 教育学部試験後順次公開
  • 社会科学部試験後順次公開
  • 法学部試験後順次公開
  • 政治経済学部試験後順次公開
  • 商学部試験後順次公開
  • 基幹理工、創造理工、先進理工学部試験後順次公開

慶應義塾大学

  • 文学部試験後順次公開
  • 法学部試験後順次公開
  • 総合政策学部試験後順次公開
  • 経済学部試験後順次公開
  • 商学部試験後順次公開
  • 理工学部試験後順次公開
  • 医学部試験後順次公開
  • 薬学部試験後順次公開
  • 環境情報学部試験後順次公開