ナリタブライアンの調教師 大久保正陽氏が死去

大久保正陽さん
大久保正陽さん

大久保正陽氏(おおくぼ・まさあき=元日本中央競馬会調教師)21日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去、87歳。葬儀・告別式は近親者で執り行った。喪主は息子で調教師の龍志(りゅうじ)氏。

競馬一家に生まれ、1957年に騎手となって通算517戦51勝。71年に調教師となり通算597勝。94年にはナリタブライアンを皐月賞、ダービー、菊花賞のクラシック三冠に導き、有馬記念も制する快挙を達成。76年の天皇賞・春を制したエリモジョージや92年の有馬記念で勝ったメジロパーマーなど数々の名馬に携わり、重賞では通算50勝。

会員限定記事会員サービス詳細