現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

THE古墳

応神天皇陵に謎の「六角堂」 過ちて登るときは神の祟りあり

河内名所図会に描かれた応神天皇陵古墳の六角堂(上)。石段には桜並木が見える=高野学さん提供
河内名所図会に描かれた応神天皇陵古墳の六角堂(上)。石段には桜並木が見える=高野学さん提供

立ち入りが許されないはずの天皇陵の頂上に「六角堂」、長い石段の左右には桜並木…。国内2番目の規模を誇る大阪府羽曳野市の応神天皇陵古墳(墳丘長425メートル)を描いた江戸時代の「河内名所図会」には、のどかな山寺を思わせる光景が広がる。南麓の社殿は、応神天皇を主祭神とする譽田(こんだ)八幡宮だ。「御陵のかたわらでお祀(まつ)りさせていただいていることは、神主冥利(みょうり)に尽きます」。同八幡宮宮司の中盛秀さん(68)は誇らしげに語る。

御陵に寄り添ってお守り

 「御陵をお祀りすることは神主冥利に尽きます」と語る譽田八幡宮の中盛秀宮司。後方の緑の山が応神天皇陵古墳=大阪府羽曳野市
「御陵をお祀りすることは神主冥利に尽きます」と語る譽田八幡宮の中盛秀宮司。後方の緑の山が応神天皇陵古墳=大阪府羽曳野市

「雑人、陵上へ登ることを禁ず。過ちて登るときは神の祟(たた)りあり」。江戸時代後期の享和元(1801)年に発行された河内名所図会には、六角堂などの絵とともに、厳格な注意事項が書かれている。

六角堂は当時、同八幡宮の奥の院として後円部頂上にあった。この場所は、被葬者を納めた石室がある古墳の中心部にあたる。六角堂や石段などは、幕末から明治にかけての天皇陵の修復・整備に伴って撤去され、今は石塔が残る。

ランキング

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 司法制度改革の大いなる失敗 早大特命教授・内田貴有料プラン記事

  3. 毎日新聞が4月から東海で夕刊休刊へ

  4. 生物・政経など過去最低に…共通テスト平均点、最終集計を発表

  5. ギョーザ購入額、宮崎1位 4年宇都宮と浜松抑え連覇

  6. 「この顔は自分」…魚も写真で自分自身と認識

  7. 山形市がラ―メン支出額、日本一を奪還 店主ら喜び爆発

  8. 北方領土周辺のロシア臨検、ウクライナ侵攻後4倍超 7日「北方領土の日」

  9. 日銀の黒田総裁、新型コロナの濃厚接触者に 体調に問題なし

  10. 駅ナカで「ガチャガチャ」増殖中 JR西日本が乗り出した「みどりの窓口」跡地活用術