東証、午前終値は30円高 一進一退の展開

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

25日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日終値を挟んで一進一退の展開となった。前日までに大幅上昇した反動から当面の利益を確定する売りが出た一方、前日の米国市場でダウ工業株30種平均が上昇したことは好感された。

午前終値は前日終値比30円17銭高の2万7329円36銭。東証株価指数(TOPIX)は3・70ポイント高の1976・62。

日経平均株価は、外国為替市場で円安ドル高が進行したことなどを背景に前日までの3営業日で900円近く上昇。25日は高値で売ろうとする動きが出た。下げ幅は一時100円を超えた。

ただ、売りが一巡した後は上昇に転じる場面があった。24日のダウ工業株30種平均が3営業日続伸したことなどが支えとなった。

会員限定記事会員サービス詳細