奈良県内でも積雪、事故相次ぐ 最強寒波で交通に乱れ

雪化粧した奈良公園で鹿と写真を撮る観光客たち=奈良市
雪化粧した奈良公園で鹿と写真を撮る観光客たち=奈良市

この冬一番の強い寒気の影響で、奈良県内でも24日から25日にかけて雪が降り、各地で積雪が観測された。鉄道で運休や遅れが相次ぐなど交通機関は大幅に乱れ、車のスリップなどによる事故も相次いだ。

うっすらと雪化粧した興福寺の五重塔と猿沢池周辺=奈良市
うっすらと雪化粧した興福寺の五重塔と猿沢池周辺=奈良市

奈良地方気象台によると、天川村で25日午前9時に9センチの積雪を観測したほか、奈良市中心部でも同日午前0時に3センチの積雪を確認。気温も冷え込み、奈良市東部で午前7時42分にマイナス7度、上北山村で午前5時3分にマイナス5・4度を観測し、ともに今季最低となった。

JRでは関西線や奈良線、片町線(学研都市線)で運休や遅れが相次ぎ、近鉄でも奈良線や京都線、大阪線などで遅れが出た。また京奈和自動車道や名阪国道、国道24号など主要幹線で通行止めが実施された。

県警によると、24日午後5時15分~25日正午で、車のスリップによる追突など積雪が影響したとみられる事故は人身6件、物損103件にのぼった。

日本自動車連盟(JAF)のまとめでは、24日午後6時~25日午前0時に受け付けた県内のロードサービスは31件で、前日比で約2・5倍にのぼった。多くはスリップや雪の中の立ち往生という。

気象台によると、この先1週間は高気圧に覆われ晴れる日が多いが、27日ごろは寒気の影響で雨や雪が降る見込み。気温は平年より低い日が多くなるとみられ、「低温による路面や水道管の凍結、農作物への被害に注意してほしい」と呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細