〝レベル4〟ドローン 都内で日航・KDDIが実証実験へ

デモフライトで小学校に着陸するドローン=25日、東京都日の出町
デモフライトで小学校に着陸するドローン=25日、東京都日の出町

日航とKDDIなどは25日、遠隔操作で自律飛行するドローンを活用した医療物資輸送の実証実験を東京都内で2月1日から1カ月間実施するのに先立ち、デモフライトを報道公開した。昨年12月施行の改正航空法で、ドローンを有人地帯で目視せずに自律飛行させる「レベル4」が解禁されており、早期実現を目指し都内で実証実験する。

実験では、東京都あきる野市の病院から約120メートル離れた検査機関に検体を運ぶ。飛行中は目視で監視し、1日最大5往復する。目視外飛行を見据えた運航管理や検体の変化などを調べる予定。

使用する機体は国産の産業用ドローンを手がけるACSL社製の「PF2―LTE」。デモフライトでは病院を離陸して高度約40メートル、秒速10メートルで飛行し、約2分後に約800メートル離れた小学校へ着陸した。

会員限定記事会員サービス詳細