通算316本塁打のローレン氏が殿堂入り、A・ロッド氏らは落選

レッズの三塁手として活躍したローレン氏=2010年9月(AP)
レッズの三塁手として活躍したローレン氏=2010年9月(AP)

米国野球殿堂が24日、今年の殿堂入りメンバーを発表し、フィリーズなどで活躍し通算316本塁打を放ったスコット・ローレン氏(47)が選ばれた。メジャー2年目の1997年にナ・リーグ新人王に輝き、堅守の三塁手としてゴールドグラブ賞を8度受賞した。オールスター戦選出は7度。

殿堂入りは全米野球記者協会に10年以上在籍する記者による投票で75%以上の得票が条件。資格6年目のローレン氏は、全389票のうち76・3%の297票を獲得した。ロッキーズ一筋で通算2519安打のトッド・ヘルトン氏(49)は得票率72・2%でわずかに及ばなかった。

通算696本塁打をマークしながら、現役時代に薬物規定違反で出場停止処分を受けたアレックス・ロドリゲス氏(47)は35・7%で2年続けて落選した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細