最強寒波直撃、名神高速で40キロ超の渋滞も

雪に覆われた住宅地と京都方面(下)に向かう車で渋滞する名神高速道路=25日午前7時33分、大阪府高槻市
雪に覆われた住宅地と京都方面(下)に向かう車で渋滞する名神高速道路=25日午前7時33分、大阪府高槻市

西日本高速道路(NEXCO西日本)によると、24日夜からの大雪による高速道路の通行止めや降雪の影響で、各地で渋滞が発生している。午前11時50分時点の主な渋滞区間は、名神高速道路上り線、瀬田西インターチェンジ(IC)-吹田ジャンクション(JCT)で44キロ、同下り線京都南IC-草津JCTで26キロ。接続する新名神高速道路下り線草津JCT-甲賀土山IC間で7キロとなっている。同社によると、各地で追突事故も発生しており、スタッドレスタイヤ装着を求めている。

降雪などに伴う24日夜からの通行止めは、第二京阪自動車道、京都縦貫道、京奈和自動車道などで続いている。

会員限定記事会員サービス詳細