ロシア、春に大規模攻撃か 米研究所分析

ロシアのプーチン大統領=24日(AP)
ロシアのプーチン大統領=24日(AP)

米シンクタンクの戦争研究所は24日までに、ロシアがウクライナに対し、数カ月以内に決定的な行動を起こす可能性があるとの分析を明らかにした。ロシアが今年の春か初夏に大規模攻撃を仕掛けるための準備を進めているとウクライナ情報機関がみているという。

戦争研究所によると、ロシア軍は大規模攻撃に備え、ウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州で部隊再編を進めている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細