静岡県境付近まで地質調査 JR東海、リニア工事で

JR東海は25日、リニア中央新幹線静岡工区の環境対策を検討する静岡県の専門部会で、山梨県側で進めているトンネル掘削工事のため、静岡県境付近まで地質を調べるボーリング調査をする方針を表明した。同社はこれまで、静岡県内でもボーリング調査を実施するとしていたが、委員らから「(まだ認めていない)着工を前提としている」と反対の声が上がり、調査で流出する水を元に戻す対策が固まるまでは実施しないと方針を転換した。

部会では、委員が県境付近のボーリング調査に関し「静岡県から(山梨側に)水が流れ込む可能性がある」と懸念を表明。JR東海は「対策を取りながら進める」と理解を求めた。

またJR東海はトンネル工事に伴う大井川の水量減少対策として提案している上流の東京電力系の田代ダム(静岡市)の取水抑制案について、東電側と実現に向けた協議を始めるとした。

会員限定記事会員サービス詳細