日本列島は記録的低温、大雪続く 気象庁警戒呼びかけ

厳しい冷え込みの中、通勤する人たち=25日午前8時25分、JR東京駅前
厳しい冷え込みの中、通勤する人たち=25日午前8時25分、JR東京駅前

日本列島は25日、この冬一番の強い寒気の影響で、各地で記録的な寒さとなり、北日本から西日本の日本海側で降雪が続いた。太平洋側の平地でも大雪となる恐れがあり、気象庁は路面凍結による交通障害や暴風雪、高波に警戒を呼びかけた。鉄道や空の便に遅れや欠航が出た。

気象庁によると、26日にかけて強い冬型の気圧配置が続き、東日本から西日本では大気の状態が非常に不安定となる。

熊本県甲佐町では、観測史上1位を更新する氷点下9度を観測するなど、全国的に記録的な低温となった。東京都心や大阪市、名古屋市でも氷点下だった。

26日午前6時までの24時間降雪量は、多い所で、東北80センチ、北海道と北陸60センチ、関東甲信、近畿50センチ、東海40センチ、中国30センチ。

JR東海によると滋賀県の米原地区で、雪の影響で名古屋―新大阪間で通常より速度を落として運行した。

日航によると、各地の降雪の影響で150便以上が欠航となった。

会員限定記事会員サービス詳細