ヤクルト・村上に“敗れた”ルーザーズたちが初告白

ヤクルト・村上に敗れたルーザーズ(下)の話を聞く出演者たち(C)フジテレビ
ヤクルト・村上に敗れたルーザーズ(下)の話を聞く出演者たち(C)フジテレビ

24日深夜放送の情報バラエティー「東京ルーザーズ」(深夜0・55)は、昨年史上最年少で三冠王となった“村神様”ことヤクルト・村上宗隆に過去負けまくったルーザーズたちが集合する。

フジテレビが火曜深夜に放送している新たなチャレンジ番組枠「火曜NEXT!」(関東ローカル)。華々しい偉業を成し遂げた人物を特集する番組はあまたあるが、今回は“敗れた”ルーザーズたちの初告白でそのすごさを深掘りする。

まず、登場するのは村上が高校野球の初打席で特大本塁打を打ったときの投手。1年ながらすでに4番だった村上に、3年だった彼は「しょせん高1じゃろ。わしが高校野球の厳しさを教えちゃるばい」と余裕を見せたが、打席に入った瞬間、そのオーラにびびってしまったという。渾身の球を投げるもあっさりと打たれ「打球音が恐ろしかった」と振り返る。

高校時代に村上とバッテリーを組んでいた“女房役”も出演。野球ではかなわないと思った彼は、回転寿司の大食いやボウリングのスコアで戦いに挑んだが、惨敗。「全てが規格外だった」と話す。

プロになってからライバルとして戦った元選手も登場。彼は中学時代から村上と並ぶ“天才”と呼ばれた名選手で、当時は「全てにおいて負けていなかった」と。しかし、プロ2年目で目の当たりにした本塁打に「あいつは怪物や…俺にはあんなホームランは打てんばい」とうなってしまう。

身近で見つめていたライバルだからこそ知る村上の偉大さ。彼らは口々に「村上選手に人生を変えてもらった」という。勝者の影に隠れた“敗者が主人公の物語“。企画・演出の佐々木崇人氏は「僕自身、人生負け越し中のルーザーズだが、みなさんの話を聞いて“負けてもいい“と思った。そして村上選手のようなスーパースターでもずっと勝ち続けているわけじゃないんだなと知ることができた。番組を見て少しでも“明日も頑張るか”と思っていただけたら幸いです」と語った。

出演は平成ノブシコブシ(吉村崇、徳井健太)、陣内智則、若槻千夏。

31日放送は、日本ボディビル選手権で史上最年少連覇の相澤隼人に敗れたルーザーズが登場する。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細