「ツイート失敗」トレンド入り 実際には投稿済み

「ツイートの送信に失敗しました」表示が多発
「ツイートの送信に失敗しました」表示が多発

「ツイートの送信に失敗しました」。1月24日午前11時ごろから、Twitterに投稿しようとした多くのユーザーに、このようなメッセージが表示されているようだ。不具合が発生しているのはiOSとAndroidの公式アプリからの投稿。Web版では発生していない模様だ。

「失敗した」と出るものの、実際には投稿は成功しており、もう一度投稿しようとすると「すでに同じ内容のツイートが投稿されています」と表示される。ツイートは失敗扱いなので下書きにどんどん溜まっていく。

この不具合は多くのユーザーに発生しており、「ツイート失敗」や「送信失敗」がトレンドに入っている。

(ITmedia NEWS)

会員限定記事会員サービス詳細