最強寒波 滋賀県内の山地では70センチ積雪も 琵琶湖線など25日始発から一部運休

滋賀県南部でも24日夕から強風を伴って雪が降り始めた=大津市中央
滋賀県南部でも24日夕から強風を伴って雪が降り始めた=大津市中央

彦根地方気象台は24日、日本上空に今季最強の寒波が流れ込む影響で、同日夜から25日昼にかけ滋賀県全域で大雪になるおそれがあるとして、積雪や路面の凍結に厳重な警戒を呼び掛けた。滋賀県内では24日午後から雪が降り始め、25日はJR琵琶湖線の一部区間で始発から運休するなど交通にも大きな影響が出る見込みだ。

同気象台によると、25日午後6時までの24時間降雪量はいずれも多いところで、滋賀県北部の山地70センチ、平地60センチ、南部の山地60センチ、平地40センチ、25日午後6時からの24時間降雪量は同様に、県北部の山地20~40センチ、平地10~20センチ、南部の山地10~20センチ、平地5~10センチと予測。25日夜遅くにかけ、竜巻などの激しい突風や落雷のおそれがあるとしている。

JR西日本は24日、25日の始発列車から、北陸線の敦賀-長浜駅間▽琵琶湖線の長浜-京都駅間▽湖西線の近江塩津-近江今津駅間で、それぞれ一部運休すると発表。その他の線区・区間でも遅れや運休が発生する可能性がある。

中日本高速道路は、県内を通る区間では北陸自動車道の長浜IC(インターチェンジ)-武生IC間で24日午後5時から通行止めに。同社は「不要不急のお出かけはお控えいただきたい」としている。

滋賀県の三日月大造知事も24日の定例記者会見で、やむを得ず車で外出する際は冬用タイヤの装着やチェーンを準備するよう呼び掛け、「積雪地で車が多く走行すると除雪作業に遅れが生じ、県民生活への悪影響も懸念される」と強調した。

JR西、最強寒波で25日も始発から一部で運転取り止め

会員限定記事会員サービス詳細