現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月23日

受験シーズンに「落ちた」話は縁起でもないが、50年以上前に実はお受験(小学校受験)をして落ちた。近所の国立大付属を受け、1次にあたる抽選は母が当たりくじを引いて通過したが、2次の試験は不合格。

▼試験後「どうだった」と親に聞かれ、「全部できた」と胸を張った(噓をつく)がぜんぜんできず。集団行動でじっとしていられない(落ち着きがない)、体力を測る立ち幅跳びで思い切り助走をする(ルール無視)など、最近見たお受験マニュアル本の「落ちる子」に、ほとんど当てはまった。

▼大学入学共通テストで問題文が長いなど、読解力が重視されると話題だが、昨今の小中学受験はそれを先取りするように読む力や聞く力が問われている。たとえば、小学校受験でも5分程度の物語を聞き、いくつかの質問に答える。

ランキング

  1. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  2. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  3. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  4. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  5. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  6. 【浪速風】学校でのマスク生活

  7. 【美しき勁き国へ 櫻井よしこ】日中関係は相互主義で有料プラン記事

  8. 【正論】「結婚の奨励」こそが少子化対策 麗澤大学教授・八木秀次無料プラン記事

  9. 【主張】中国の人口減少 緊張高める行動に警戒を

  10. 【主張】荒井秘書官更迭 緊張感の欠如が目に余る