受験リポート

E判定ではダメなのか 試験直前に実力が急上昇する現役曲線の現実

思うような結果がでなかった模擬試験の成績をみながら、行きたかった志望校をあきらめる-。そんな受験生は少なくないが、受験関係者たちは「最後の最後まで成績は伸びる」と口をそろえる。本当だろうか。

例えば、近畿圏のある高校で、3年生の1年間の模試結果の推移を調べたところ、900点満点の共通テストを想定したマーク模試で、秋の模試から本番の試験までに平均約100点伸びたというデータがあるという。

レアケースで大逆転した人もいるという話ではなく、学年平均で約100点アップだという。受験業界では「現役曲線」ともいわれるこの現象。受験生のラストスパートの力は相当なものだ。

また、模擬試験の判定にも誤解が多い。D判定、E判定が出ると「ダメなのか」と落ち込んでしまうこともあると思うが、仕組みを理解して向き合うことが大切だ。

大手予備校「河合塾」の模試を例にあげると、この判定の正式名称は「合格可能性評価」。A判定なら合格率80%以上▽B判定65%▽C判定50%▽D判定35%▽E判定20%以下-といった具合で、15ポイント刻みで、志望する大学への合格の可能性を示している。

よくあるのが、A~Eまで均等に2割ずつ分布している、という勘違いだ。各ランクの受験者の分布は均一ではなく、実は、E判定がつく志願者は全体の60%に及ぶという。

つまり、志願者の中で半分以上が判定がE判定。D判定なら「下から2番目の下位グループか…」と受け止めるのではなく「勝負できるところにいる」と見てほしい、と受験関係者はいう。E判定だったとしても、全くD判定に届かないE判定と、あと少しでD判定になるというE判定とでは意味が異なる。

また、ラストスパートで受験生たちの学力は大きく向上している。模擬試験を受けたタイミングと受験本番では状況も大きく異なっている。例年、大逆転を果たす受験生がいるのも事実だ。それがわかっているからこそ、受験関係者は「最後まであきらめないで」と声をかけるのだ。

入試関連ニュース

入試コラム

【2023年度入試速報実施予定大学】国公立大学

私立大へ
  • 東京大学試験後順次公開
  • 京都大学試験後順次公開
  • 名古屋大学試験後順次公開
  • 広島大学試験後順次公開
  • 九州大学試験後順次公開
  • 北海道大学試験後順次公開
  • 東北大学試験後順次公開
  • 筑波大学試験後順次公開
  • 千葉大学試験後順次公開
  • 東京医科歯科大学試験後順次公開
  • 東京工業大学試験後順次公開
  • 一橋大学試験後順次公開
  • 浜松医科大学試験後順次公開
  • 岐阜大学試験後順次公開
  • 大阪大学試験後順次公開
  • 神戸大学試験後順次公開
  • 大阪公立大学試験後順次公開

【2023年度入試】私立大学

国公立へ

同志社大学

立命館大学

関西大学

関西学院大学

早稲田大学

  • 文学部試験後順次公開
  • 文化構想学部試験後順次公開
  • 教育学部試験後順次公開
  • 社会科学部試験後順次公開
  • 法学部試験後順次公開
  • 政治経済学部試験後順次公開
  • 商学部試験後順次公開
  • 基幹理工、創造理工、先進理工学部試験後順次公開

慶應義塾大学

  • 文学部試験後順次公開
  • 法学部試験後順次公開
  • 総合政策学部試験後順次公開
  • 経済学部試験後順次公開
  • 商学部試験後順次公開
  • 理工学部試験後順次公開
  • 医学部試験後順次公開
  • 薬学部試験後順次公開
  • 環境情報学部試験後順次公開