畑岡の逆転Vならず ホームコースでも風読み切れず 米女子ゴルフ

最終ラウンド、6番でバーディーパットを外した畑岡奈紗。通算9アンダーで5位=レークノナ・クラブ(共同)
最終ラウンド、6番でバーディーパットを外した畑岡奈紗。通算9アンダーで5位=レークノナ・クラブ(共同)

米女子ゴルフの開幕戦、ヒルトングランドバケーションズ・チャンピオンズ最終ラウンドで、首位と3打差からの逆転優勝を狙った畑岡奈紗はバーディーを1つしか奪えず、順位を3つ落として5位で開幕戦を終えた。「4日間で一番風が強くて、なかなかスコアが動かなかった」と、3日目に7バーディーを奪った爆発力が影を潜めた。

今大会の会場は米国の拠点から車で15分ほどの距離。慣れ親しんだ「ホームコース」だったが、風を読み切ることができなかった。「この試合で優勝して、いいスタートを切りたかった」と反省の言葉が続いた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細