貴景勝が春場所綱取りへ 「みんなの夢も背負って頑張る」 優勝一夜明け会見

優勝から一夜明け、オンラインで記者会見に臨む大関貴景勝=23日、東京都板橋区の常盤山部屋(日本相撲協会提供)
優勝から一夜明け、オンラインで記者会見に臨む大関貴景勝=23日、東京都板橋区の常盤山部屋(日本相撲協会提供)

大相撲初場所で13場所ぶり3度目の優勝を果たした大関貴景勝が千秋楽から一夜明けた23日、東京都板橋区の常盤山部屋からオンラインで会見に臨み、「この2年、いろいろな取り組みをしてきた。回り道した部分もあったけど、少し手応えを感じることができて無駄ではなかった。(場所前の稽古とコンディショニングの)バランスが少しずつ分かってきた」と語った。

賜杯に向けて大きな分岐点となった13日目、同学年の阿武咲との一番については「やっぱりうれしかった。小学校の頃からお互い意識してきて、優勝争いの結びでやれた。小さい頃の自分からは想像できなかった。恥ずかしい相撲だけは取りたくないと思った」と振り返った。

春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)は綱取りが懸かる。「自分の夢でもある。とにかく稽古して、謙虚にやっていくことしかない。周りで支えてくれるみんなの夢も背負って頑張りたい」と意気込みを示した。

会員限定記事会員サービス詳細