現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

国民の生命守る体制強化のとき 東海大学教授・山田吉彦

尖閣諸島の海域に現れた中国海警局の船。左手前は海上保安庁の巡視船(仲間均氏提供)
尖閣諸島の海域に現れた中国海警局の船。左手前は海上保安庁の巡視船(仲間均氏提供)

政府は昨年、国家安全保障戦略、国家防衛戦略及び防衛力整備計画の安保3文書を閣議決定し、「領域、国民の生命・身体・財産を守る」ことを防衛の主要目標として掲げた。国家の最重要課題は、国民保護の体制の強化であると考える。

山田吉彦氏
山田吉彦氏

歴史が語っていること

ランキング

  1. 【主張】古墳時代の発見 日本文化の豊かさ示した

  2. 【産経抄】無料プラン記事

  3. 【主張】衆院選「一票」判決 不断の格差見直し怠るな

  4. 【新聞に喝!】朝日の「戦争を防ぐ確かな手立て」とは? 日本学術機構代表理事・政治学者 岩田温

  5. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  6. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  7. 【産経抄】1月28日無料プラン記事

  8. 【iRONNA発】元恋人独占激白! 清原和博「転落人生」の全真相 生島マリカ(作家)

  9. 【主張】ロシアの復帰検討 IOCの愚策支持できぬ

  10. 【産経抄】1月27日無料プラン記事