トラウトが大谷とWBCで対戦熱望

トラウト(左)に迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
トラウト(左)に迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの外野手、トラウトが20日、米国代表の主将を務める3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けてオンライン会見し、日本代表でエンゼルスの同僚の大谷翔平と準決勝以降に対戦する可能性があることに、「いつも特等席で見ているが、彼はえげつない球を投げる。相まみえたらうれしい」と待ち望んだ。

米国は2017年の前回に続く大会2連覇を狙う。日本代表にはカージナルスの外野手ヌートバーらも加わり、「翔平と話したら『僕がベストプレーヤーではない』と言っていた。確かにいい選手がそろっているし、強敵になる」と警戒した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細