現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

国を挙げて安保3文書の実現を 元防衛相、拓殖大学顧問 森本敏

元防衛相、森本敏氏
元防衛相、森本敏氏

国民の安全を守るため

国家安全保障戦略など安保3文書が昨年末にできた。多岐にわたる意欲的な戦略指針が盛り込まれた今までにない画期的なものだ。約2年にわたる政府・与党関係者や多くの提言をされた専門家の尽力に敬意を表したい。しかし、我々は文書ができると、すでに実現しているように錯覚するが、いまだにそれは画餅であり、何も実現していない。今後、これらの戦略指針を実現する方がはるかに困難な仕事であることは明白である。

まず反撃能力を持つことにしたのは当然だ。周辺には軍事力により、法を無視して他国の安全を脅かす国がある。これに対応できる能力を持たなければ国民の安全は守れない。しかし、トマホークミサイルであれ、有効に使用できるまでに乗り越えるべき障害は多い。米国の協力も必要だ。

ランキング

  1. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  2. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  3. 【ロンドンの甃】幸せでなかった時間

  4. 【主張】石垣市が尖閣調査 公務員常駐で主権確保を

  5. 【正論】動乱の時代に日本が役割果たす 杏林大学名誉教授・田久保忠衛無料プラン記事

  6. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  7. 【浪速風】情状酌量の余地は

  8. 【産経抄】2月1日無料プラン記事

  9. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  10. 【主張】予算委と少子化 「児童手当」に終始するな