現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

中国のコロナ情報統制の誤り 東京大学教授・阿古智子

東京大学教授、阿古智子氏
東京大学教授、阿古智子氏

中国からの入国者に対して、到着後の新型コロナウイルスの検査を義務付け、陽性者を隔離する水際対策を取っている日本や韓国に対して、中国政府は「差別的な政策を取り、コロナを政治化している」と反発した。さらにビザの発給を停止するという事実上の報復措置を取った。

情報共有で連携が可能

感染者や濃厚接触者の隔離を徹底的に行うゼロコロナ政策を突如解除した中国は、感染状況の公表を行わなくなった。あまりにも急速な感染者の増加によって、データの収集が追いつかないという事情もあるのだろう。とはいえ、おおよその傾向を把握し、重症化したケースやコロナ関連の死者数を病院で確認することは可能なはずだ。中国からデータが入手できない中、変異株の広がりや旧正月の休暇で中国からの人の流れが急激に増えることを懸念して、各国が水際対策を強化したのは合理的な判断だといえる。

ランキング

  1. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  2. 【正論】動乱の時代に日本が役割果たす 杏林大学名誉教授・田久保忠衛無料プラン記事

  3. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  4. 【ロンドンの甃】幸せでなかった時間

  5. 【主張】石垣市が尖閣調査 公務員常駐で主権確保を

  6. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  7. 【浪速風】情状酌量の余地は

  8. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  9. 【産経抄】2月1日無料プラン記事

  10. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感