海底のレクイエム

ギゾ島の「東亜丸」

「東亜丸」(とうあまる)は大阪商船の保有した貨物船で、1939(昭和14)年7月に竣工した総トン数6732トンの新鋭船である。先の大戦では運送船として海軍に徴用、運用されて、1943(昭和18)年1月30日に南太平洋のソロモン諸島ギゾ島付近で空襲により損傷、沈没した。

「東亜丸」の船体中央部。同船は船体中央部にブリッジや機関室をもつ、当時としては一般的な外観の貨物船である。船体中央部の上部構造物は崩壊して原形を留めていない(戸村裕行撮影、2019年1月)
「東亜丸」の船体中央部。同船は船体中央部にブリッジや機関室をもつ、当時としては一般的な外観の貨物船である。船体中央部の上部構造物は崩壊して原形を留めていない(戸村裕行撮影、2019年1月)

2019年1月、ソロモン諸島ガダルカナル島のホニアラより乗り継ぎ、ムンダを経由し、ギゾ島に降り立った。ギゾはホニアラに次ぐ、ソロモン第二の都市であり、このエリアにも航空機を中心に多くのレック(沈船)が眠っている。

今回はその中でも「東亜丸」を紹介する。

東亜丸の船体は水深34メートルの海底に横倒しになっており、戦車や弾丸なども船倉部に残されている。なお飯野海運の高速タンカーである同名の「東亜丸」とは区別されている。

取材協力 旅行会社PNGジャパン(ホームページはこちら

「東亜丸」船首付近の様子。最大19.5ノットの高速貨物船らしい雰囲気を残している(戸村裕行撮影)
「東亜丸」船首付近の様子。最大19.5ノットの高速貨物船らしい雰囲気を残している(戸村裕行撮影)
船体中央部のエンジンルーム。梯子かなにかのように見えるのは、点検用の通路「キャットウォーク」(戸村裕行撮影)
船体中央部のエンジンルーム。梯子かなにかのように見えるのは、点検用の通路「キャットウォーク」(戸村裕行撮影)
船内に残る九五式軽戦車長用の展望塔ハッチが開いており、砲塔内に三七ミリ砲の砲尾が見える(戸村裕行撮影)
船内に残る九五式軽戦車長用の展望塔ハッチが開いており、砲塔内に三七ミリ砲の砲尾が見える(戸村裕行撮影)
散乱するビール瓶。本来は木箱などに収容された状態で船倉内にあったものが、木箱が腐食して中のビンが散らばったのだろう(戸村裕行撮影)
散乱するビール瓶。本来は木箱などに収容された状態で船倉内にあったものが、木箱が腐食して中のビンが散らばったのだろう(戸村裕行撮影)

水中写真家・戸村裕行

1982年、埼玉県生まれ。海底に眠る過去の大戦に起因する艦船や航空機などの撮影をライフワークとし、ミリタリー総合誌月刊『丸』にて連載を担当。それらを題材にした写真展「群青の追憶」を靖國神社遊就館を筆頭に日本各地で開催。主な著書に『蒼海の碑銘』。講演、執筆多数。

雑誌「丸」
昭和23年創刊、平成30年に70周年迎えた日本の代表的軍事雑誌。旧陸海軍の軍 艦、軍用機から各国の最新軍事情報、自衛隊、各種兵器のメカニズムなど幅広 い話題を扱う。発行元の潮書房光人新社は29年から産経新聞グループとなった 。毎月25日発売。

会員限定記事会員サービス詳細