日本医師会長、5類移行後の公費負担継続を首相に要望

松本吉郎氏=令和4年6月
松本吉郎氏=令和4年6月

日本医師会の松本吉郎会長は19日、岸田文雄首相と官邸で面会し、政府が新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを季節性インフルエンザと同等の「5類」に緩和した後も、医療費の公費負担や医療機関の感染対策への支援を「できる限り」継続するよう要望した。首相は「しっかりと検討したい」と応じた。面会後、松本氏が記者団に明らかにした。

新型コロナは現在は「2類」相当で、医療費や入院費は全額公費負担。5類に移行すればこうした措置の法的根拠がなくなる。

松本氏は記者団に「制度(類型)が変わっても、段階的な対応を経て慎重にソフトランディングをお願いしたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細