40代母親の死因は失血 スマホトラブル調査、静岡

静岡県警本部が入るビル(那須慎一撮影)
静岡県警本部が入るビル(那須慎一撮影)

静岡県牧之原市の住宅で住人の40代女性が刺殺された事件で、県警は19日、司法解剖の結果、女性の死因が失血と判明したと明らかにした。首付近の傷が致命傷になったとみられる。中学生の長女(13)が「母とスマートフォンについて話し合っていた」という趣旨の説明をしており、県警はスマホを巡るトラブルが背景にあったとみて詳しい経緯を調べている。

事件は16日深夜に発生。捜査関係者によると、女性は首を含む複数箇所を刺され、切り傷もあった。

会員限定記事会員サービス詳細