「エアドロップ痴漢」疑い 病院職員の男を書類送検

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

iPhone(アイフォーン)のデータ送受信機能「AirDrop(エアドロップ)」で盗撮画像を女性に送ったとして、警視庁亀有署は17日、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、埼玉県越谷市の病院職員の男(24)を書類送検した。署によると、容疑を認め「女性の反応を見てスリルを味わいたかった」と供述している。

エアドロップは、連絡先が分からなくても近くにいる相手のアイフォーンなどに画像や動画を送れる。面識のない人にわいせつな画像を送り付ける行為は「エアドロップ痴漢」とも呼ばれ問題視されている。

書類送検容疑は令和4年8月1日夜、東京都葛飾区のJR亀有駅構内で20代女性のスカート内をアイフォーンで盗撮し画像を送り付けたとしている。

駅の防犯カメラにエスカレーターで女性を背後から盗撮する男性の姿が写っていた。

「エアドロ痴漢」 スマホ1つで痴漢に遭う可能性?


会員限定記事会員サービス詳細