現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年の始めに思う年中行事の重要さ 元文化庁長官・近藤誠一

元文化庁長官・近藤誠一氏(黒沢綾子撮影)
元文化庁長官・近藤誠一氏(黒沢綾子撮影)

年末年始には、除夜の鐘から成人式までさまざまな年中行事が集中している。日本人が新年に当たり、心身の健康や家族・社会との関係に想(おも)いを馳(は)せ、誓いを新たにしてきたことを表している。

岸田文雄首相も年頭記者会見で「先送りできない問題」に挑戦すると宣言し、防衛力強化などいくつかの重要課題を挙げた。他方、人類全体も先送りの許されない課題を抱えたまま越年した。温暖化、感染症、ロシアのウクライナ侵攻に続く国際関係の乱れなど。

何故人類は繁栄の陰でこれほど深刻な問題を先送りしてきたのか。こんなことで大丈夫なのか。

ランキング

  1. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  2. 【正論】動乱の時代に日本が役割果たす 杏林大学名誉教授・田久保忠衛無料プラン記事

  3. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  4. 【ロンドンの甃】幸せでなかった時間

  5. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  6. 【主張】石垣市が尖閣調査 公務員常駐で主権確保を

  7. 【石平のChina Watch】怪しげな「人口80%感染説」有料プラン記事

  8. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感

  9. 【産経抄】2月1日無料プラン記事

  10. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事