男性巡査部長が拳銃自殺か 警視庁高島平署のトイレ

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

16日午前6時50分ごろ、東京都板橋区の警視庁高島平署5階にある男性用トイレの個室で、同署地域課の男性巡査部長(40)が頭から血を流して倒れているのを署員が見つけた。巡査部長の右手近くには拳銃が落ちており、1発発射されていた。巡査部長は約1時間後に死亡が確認された。署は拳銃を使って自殺したとみて調べている。

署によると、巡査部長は15日午前から16日にかけて泊まり勤務中だった。トイレの個室の壁には、弾痕とみられる穴があった。遺書は見つかっていない。

高橋季樹署長は「誠に遺憾。事実関係を明らかにし、再発防止に努める」とコメントしている。

会員限定記事会員サービス詳細