偽のコーチ600点所持 男を逮捕 中国から輸入か 警視庁

警視庁
警視庁

高級ブランド「コーチ」の偽のリュックなど約600点を販売するために所持したとして、警視庁麻布署は商標法違反の疑いで、福岡県糸島市、アルバイト、西田耕司容疑者(70)を逮捕した。調べに対し「偽造品という認識があったか、思い出せない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、令和元年12月、埼玉県の男性に偽のコーチの財布を9800円で販売したほか、2年4月、自宅でコーチや高級ブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の偽物のバッグや財布など、計606点を販売するために所持し、商標権を侵害したとしている。

麻布署によると、偽のブランド品は中国から輸入され、ネットオークションやフリーマーケットアプリで販売していた。署は、西田容疑者が約10年前から偽物を販売していたとみて、調べを進めている。

会員限定記事会員サービス詳細