池袋暴走事故遺族を中傷、被告に有罪判決 東京地裁

「犯罪被害者支援奈良県民のつどい」で講演する松永拓也さん=奈良市
「犯罪被害者支援奈良県民のつどい」で講演する松永拓也さん=奈良市

平成31年4月に起きた池袋暴走事故で妻と娘を失った松永拓也さん(36)を交流サイト(SNS)で中傷したなどとして、侮辱罪と偽計業務妨害罪に問われた無職、油利潤一被告(23)の判決公判で、東京地裁(安永健次裁判官)は13日、懲役1年、執行猶予5年、拘留29日(求刑・懲役1年、拘留29日)を言い渡した。

被告側は投稿の事実を認めた上で、侮辱する意図はなかったなどと主張していた。

起訴状によると、油利被告は昨年3月、松永さんのツイッターに「金や反響目当てで、闘っているようにしか見えませんでしたね」などと投稿。同年8月には「新宿か秋葉原でどーなるか覚えておけ」などとツイートし、警察官の業務を妨害したとされる。

会員限定記事会員サービス詳細