「深くおわび」 古川宇宙飛行士謝罪 研究不正問題

研究不正に関しての謝罪会見で、頭を下げる古川聡宇宙飛行士=12日、東京都千代田区(斉藤佳憲撮影)

古川聡飛行士(58)が研究全体の責任者を務めた実験で捏造(ねつぞう)などの不正行為が発覚した問題で、古川飛行士が12日、東京都内で記者会見し、今回の問題について「国民の信頼を損ねたことを、心より深くおわび申し上げる」と謝罪した。また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から戒告の懲戒処分を受けたと明らかにした

不正があったのは茨城県つくば市の宇宙基地を想定した閉鎖環境施設で平成28~29年に行われた実験。その後、研究者2人がデータを書き換えるなどの捏造などの不適切行為が発覚した。JAXAは11日、山川宏理事長らに対する処分を発表している。

©2020-2023 The Sankei Shimbun. All rights reserved.