JR京葉線車掌が乗務中に喫煙「過去にも何度か」 処分を検討

JR東日本千葉支社は10日、京葉線の電車内で60代の男性車掌が乗務中に喫煙していたと発表した。車掌は事実関係を認め「過去にも何度か喫煙した」と話しているといい、処分を検討している。

千葉支社によると、車掌は7日午後1時40分ごろ、京葉線新浦安―市川塩浜間を走行中の東京発蘇我行き快速電車の乗務員室で喫煙した。直後に、JR東日本のホームページに「車掌が電子タバコを吸っていた」と乗客から投稿があり、発覚した。

千葉支社は「乗務員への指導を徹底していく」としている。

会員限定記事会員サービス詳細