現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年頭にあたり 今こそ「調整型」政治の再評価を 九州大学教授・施光恒

九州大学教授・施光恒氏
九州大学教授・施光恒氏

調査会社ユーガブが昨年8月に米で実施した世論調査によれば、米国で内戦が10年以内に起きる可能性について、米国民の43%が「非常にあり得る」「いくらかはあり得る」と回答した。米国民の分断がいかに深刻かわかる。

テキサス大学教授のM・リンド氏が書いた『新しい階級闘争』(東洋経済新報社、2022年)は、米国や他の欧米諸国で顕著に生じている国民の分断現象を理解するのに好適な本だ。旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題で揺れた日本政治を考えるうえでも大きな示唆を与える。

分断がなぜ生じたか

ランキング

  1. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  2. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  3. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  4. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  5. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  6. 【浪速風】学校でのマスク生活

  7. 【正論】「結婚の奨励」こそが少子化対策 麗澤大学教授・八木秀次無料プラン記事

  8. 【美しき勁き国へ 櫻井よしこ】日中関係は相互主義で有料プラン記事

  9. 【産経抄】2月6日無料プラン記事

  10. 【主張】中国の人口減少 緊張高める行動に警戒を