現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年頭にあたり 近現代史見直しを進めるインド 評論家・江崎道朗

評論家の江崎道朗氏(寺河内美奈撮影)
評論家の江崎道朗氏(寺河内美奈撮影)

日本軍と連携したボース

インドで近現代史見直しが進んでいる。N・モディ「人民党(BJP)」政権のもと、独立闘争の指導者ネタジ・S・チャンドラ・ボースに対する再評価が進んでいる。ネタジは指導者の意味の敬称で、ボースは敬意と親しみを込めネタジと呼ばれることも多い。

安倍晋三元首相の主導で始まった日米豪印戦略対話(クアッド)の重要な柱が、インドだ。そのインドを深く理解するためにも、ネタジに代表される日印両国の近現代史を知っておきたい。

ランキング

  1. 【正論】動乱の時代に日本が役割果たす 杏林大学名誉教授・田久保忠衛無料プラン記事

  2. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  3. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  4. 【ロンドンの甃】幸せでなかった時間

  5. 【主張】石垣市が尖閣調査 公務員常駐で主権確保を

  6. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  7. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感

  8. 【石平のChina Watch】怪しげな「人口80%感染説」有料プラン記事

  9. 【浪速風】情状酌量の余地は

  10. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事