山上容疑者の母「統一教会に申し訳ない」 家族の断絶、埋まらぬ溝

山上徹也容疑者
山上徹也容疑者

父の自殺、母親の旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)への傾倒、そして多額献金の果ての一家崩壊-。思春期にそんな体験をした山上徹也容疑者(42)は「教団と深い関係にある」として安倍晋三元首相を銃撃、殺害した。しかしテロ行為に訴えて家族の断絶が埋まるはずもない。事件後も母親は教団のつながりを頼り、親族のもとを去った。

「5千万円が返ってきたことについて、どう思いますか」

山上容疑者の伯父(77)によると、母親は昨年7月の事件から間もないころ、伯父宅で警察の聴取を受けた。

母親から教団にわたった金は総額1億円超。弁護士だった伯父はかつて山上容疑者やその妹らのために返金交渉を行い、平成26年までに5千万円を回収。しかし母親の手に戻った大金が、その後どうなったかは不明という。

母親はその経緯について対面した刑事にこう答えた。「あれはお義兄(にい)さんが勝手にやったこと。統一教会に申し訳ない」

事件後、不当な勧誘による寄付を本人が取り消せる被害者救済法が成立。今月5日に施行されたが、本人に取り消す意思がなければ大きな効果はない。伯父は「毒にも薬にもならない法律だ」と吐き捨てた。

母親は昨年8月7日、それまで身を寄せていた伯父の家を離れた。以降は教団関係者の支援を受けて生活しているとみられる。

母親はそのころ伯父宅にいた山上容疑者の妹に電話をかけ、「あなたもそこを出て、私のところに来なさい」と誘った。その際、「世間に対して謝りたい」と、事件について何らかの形で対外的に釈明したい意向を示した。

教団批判の報道は、日を追うごとに激しくなっていた。〝火消し〟の意図もあったのだろうか。伯父はその翌朝、泣きはらした目の妹からやり取りを聞いた。「兄(山上容疑者)には一度も謝ったことがないのに!」。妹は怒り、母親の電話を切ったという。

教団の元幹部も当時の取材に「(母親は)謝罪文の公表も考えている」と説明していたが、事件から半年、いまだ実現を見ていない。

会員限定記事会員サービス詳細