現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年頭にあたり 改めて問う「政治家とは何ぞや」 日本財団会長・笹川陽平

日本財団の笹川陽平会長(酒巻俊介撮影)
日本財団の笹川陽平会長(酒巻俊介撮影)

世界は激しく揺れ動き、政治の強い指導力が一層、求められる時代となった。しかし、筆者は日本の政治の現状に強い不安を感じている。このままで、この国は大丈夫かとも思う。

縮小する政党や政治家への期待

各種世論調査を見ても、政治に対する信頼は著しく低下し、言論NPOが令和元年に行った調査で70・9%が「わが国を取り巻く諸課題の解決を政党や政治家に期待することはできない」と答えた。

ランキング

  1. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  2. 【正論】動乱の時代に日本が役割果たす 杏林大学名誉教授・田久保忠衛無料プラン記事

  3. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  4. 【ロンドンの甃】幸せでなかった時間

  5. 【主張】石垣市が尖閣調査 公務員常駐で主権確保を

  6. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  7. 【石平のChina Watch】怪しげな「人口80%感染説」有料プラン記事

  8. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感

  9. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  10. 【浪速風】情状酌量の余地は