現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

年頭にあたり 「習一強体制」は何に由来するか 拓殖大学顧問・渡辺利夫

中国共産党の第20期中央委員会第1回総会を終え、報道陣の前に登場した習近平総書記(手前左)ら新指導部のメンバー=10月23日、北京の人民大会堂(共同)
中国共産党の第20期中央委員会第1回総会を終え、報道陣の前に登場した習近平総書記(手前左)ら新指導部のメンバー=10月23日、北京の人民大会堂(共同)

中国では共産党が国家を「領導」するものとされ、党のトップである総書記はいずれの地位の者を凌(しの)ぐ権力者である。しかし、この権力者の力があまりに強大なものにならないようにするための党内の知恵の一つが、総書記の任期2期10年という不文律であり、もう一つが鄧小平時代以来の集団指導体制である。

渡辺利夫氏
渡辺利夫氏

体制存続の「正統性」欠如

ランキング

  1. 【産経抄】2月2日無料プラン記事

  2. 【正論】動乱の時代に日本が役割果たす 杏林大学名誉教授・田久保忠衛無料プラン記事

  3. 【主張】日教組教研集会 まだ偏向指導続けるのか

  4. 【ロンドンの甃】幸せでなかった時間

  5. 【主張】石垣市が尖閣調査 公務員常駐で主権確保を

  6. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  7. 【浪速風】情状酌量の余地は

  8. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  9. 【産経抄】2月1日無料プラン記事

  10. 【直球&曲球】野口健 娘とともに「山は人を育てる」実感