自民・世耕氏、台湾総統と会談 安保めぐり日台の連携強化確認

台湾の蔡英文総統(右)と会談する自民党の世耕弘成参院幹事長=28日午前、台北市の総統府(原川貴郎撮影)
台湾の蔡英文総統(右)と会談する自民党の世耕弘成参院幹事長=28日午前、台北市の総統府(原川貴郎撮影)

【台北=原川貴郎】台湾を訪問中の自民党の世耕弘成参院幹事長は28日、台北市内の総統府で蔡英文総統と会談した。中国が緊張を高める台湾海峡の問題をめぐり、日台が緊密に連携していくことを確認した。

世耕氏は会談で日本政府が防衛力強化に向けて新たな国家安全保障戦略など「安保3文書」を閣議決定し、米国でも台湾支援の強化を盛り込んだ国防権限法が成立したことに言及。「この地域において、力による現状変更を試みようとする者に対して、明確で、強力な抑止が働くことになった」と述べた。

同時に、台湾が27日、兵役義務の延長など自衛力の強化策を打ち出したことに対し「台湾が自らの国は自らで守るという決意と行動を明確に示されていることを高く評価したい」と述べた。

蔡氏は「安保3文書」に関し「日本は大幅に防衛力を向上させて、地域の平和と安定を維持していく決意を見せている」と評価し、「台湾は日本、米国、欧州連合(EU)などの理念の近い国々と引き続き緊密に連携し、ともに地域の平和と安定の維持や繁栄と発展を創出するよう取り組んでいく所存だ」と語った。

また世耕氏は、蔡氏が台湾の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加入への支援を求めたのに対し、「台湾の加入に対する熱意をわれわれは深く理解をしている」とした上で、「(TPPを主導した)日本の経験と知識を役立てていただきたい」と語った。

「安保3文書」を閣議決定後、与党幹部の訪台は初めて。世耕氏には自民参院議員約10人が同行した。

会員限定記事会員サービス詳細