プーチン氏「核の予防攻撃検討も」 使用条件見直しちらつかせ

9日、キルギスの首都ビシケクで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)
9日、キルギスの首都ビシケクで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)

ロシアのプーチン大統領は9日、米国が敵からの核攻撃を無力化する予防的な核攻撃を戦略として認めていると主張した上で、ロシアも米国同様に核による予防的な先制攻撃の採用を「検討するかもしれない」と述べた。中央アジアのキルギスで同日開かれたユーラシア経済連合の首脳会議後の記者会見で述べた。

ロシアの軍事ドクトリンは、国家の存立が脅かされる場合は通常兵器による攻撃に対しても、核兵器の使用を認めているが、プーチン氏は公には先制使用を容認することに否定的な姿勢を示してきた。

プーチン氏はロシアの核戦略が「報復」目的だと改めて主張。その上で「(予防的攻撃の)理論をわれわれが信じなくても敵が信じるなら、われわれもその脅威を考えることになる」と語った。米国の「予防的攻撃」について具体的に説明しなかったが、核使用条件の見直しをちらつかせ、ウクライナや米欧に抗戦を断念させる思惑とみられる。

一方、露産原油に1バレル=60ドルの上限価格を設定した米欧側の追加制裁について「ロシアはそのような国には(原油を)売らない」とする原則的立場を述べた上で、「具体的な対応策は今後数日中に署名する大統領令で示す」と明らかにした。減産などが含まれる可能性があるという。「上限価格は現在の販売価格とほぼ同じで、露財政への影響はない」とも主張した。

ウクライナ情勢に関し、プーチン氏は、停戦は「容易ではなく時間がかかるだろう」と長期化を改めて示唆。ただ、最終的には「戦場の現実に応じて合意に至るはずだ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細