刑務所暴行、立件調整へ 法務省、検察当局と

法務省=東京都千代田区
法務省=東京都千代田区

名古屋刑務所(愛知県みよし市)で刑務官22人が受刑者3人に暴行を繰り返していた問題で、法務省が、刑事事件としての立件を視野に検察当局と調整する方針であることが10日、関係者への取材で分かった。検察は、特別公務員暴行陵虐容疑の適用も含め検討するとみられる。

法務省の調査では、刑務官22人は20~30代の男性。昨年11月上旬から今年8月下旬にかけ、受刑者3人に、顔をたたいたりアルコールスプレーを顔に噴射したりする暴行を繰り返した。いずれも個別に行われたが、暴行が複数回に及ぶケースもあった。60代の男性受刑者が左まぶた付近に5日間のけがを負った。

刑務官22人、受刑者3人に繰り返し暴行か 法相が謝罪

会員限定記事会員サービス詳細