船員虐待の中国系企業制裁 米、ナスダック上場で初

米財務省=ワシントン(ロイター)
米財務省=ワシントン(ロイター)

米政府は9日、太平洋で違法操業する漁船団で船員に対する虐待を繰り返したとして、米証券取引所ナスダック上場の中国系水産会社「ピンタン・マリン・エンタープライズ」など10団体と同社経営者ら2人に制裁を科した。財務省によると、ナスダックの上場企業を制裁対象に指定するのは初めて。

ピンタン・マリン・エンタープライズは中国政府から補助金を得て、魚介類の国内需要を満たすために大規模な遠洋漁業を続けていたという。制裁によって米国内の資産が凍結され、米国人との取引ができなくなる。

太平洋で長期の操業中、乗船する多数の船員に連日18時間前後の労働を強制したり、最低限の給与や食事を与えなかったりした。劣悪な労働環境が原因で死者も出ていたという。

漁船団はインドネシアや東ティモール、エクアドル周辺の海域などで操業し、絶滅が懸念されるサメも乱獲していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細