米、対中露制裁発動 市民拷問や船員虐待で

米首都ワシントンにある連邦議会議事堂(共同)
米首都ワシントンにある連邦議会議事堂(共同)

米政府は9日、ウクライナに侵攻し市民の拉致や拷問に関与したとして、ロシア政府関係者らに対する制裁を発動した。中国の漁船団では労働者虐待が起きているとして関係企業に制裁を科した。

制裁対象は米国内の資産が凍結され、米国人との取引ができなくなる。外国で人権侵害や汚職に関与した当局者らに制裁を科す「マグニツキー法」などを根拠にしている。

米政府は、ロシアがウクライナに侵攻後、支配下に置いた地域の住民に対しウクライナ軍や政府との関係を尋問したり拷問を行ったりしたことを問題視した。 日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」を通じ、インド太平洋地域の違法操業取り締まりにも力を入れてきた。今回は中国系水産会社が漁船乗組員を劣悪な労働環境に置いたことを人権侵害と認定した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細