欠陥エアバッグで死者 23人目、2月に衝突事故

ホンダのロゴ
ホンダのロゴ

旧タカタ製の欠陥エアバッグ問題をめぐり、ホンダは9日、米南部ケンタッキー州で今年2月に起きた自動車の衝突事故でエアバッグが異常破裂し、運転者が死亡したと発表した。欠陥エアバッグに関連する米国での死者はホンダ以外も含めて23人目となる。

米道路交通安全局(NHTSA)とともに問題を確認した。車はホンダの2002年型の乗用車「アコード」で、リコール(無料の回収・修理)の対象だったが、修理されていなかった。

ホンダによると、米国でリコールを終えたのは今年11月18日時点で約93%という。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細