フォト

宇野がSPトップ、山本2位 GPファイナル

男子SPの演技を終え、拍手に応える宇野昌磨=トリノ(共同)
男子SPの演技を終え、拍手に応える宇野昌磨=トリノ(共同)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、トリノで開幕してショートプログラム(SP)が行われ、男子は昨季世界選手権覇者の宇野昌磨(トヨタ自動車)が今季世界最高の99・99点でトップに立った。

山本草太(中京大)が94・86点で2位、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が87・07点で3位。イリア・マリニン(米国)は80・10点で5位、佐藤駿(明大)は6位と出遅れた。(共同)

ギャラリーページで見る


会員限定記事会員サービス詳細