自殺目的か?「人間関係で悩み」と逮捕の女 女子大生ホテル殺人

名古屋市中区のホテル客室で大学生の女性(20)の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された3人のうち、福島県伊達市のパート、渡辺真由美容疑者(39)が「仕事の人間関係で悩んでいる」と周囲に打ち明けていたことが9日、知人らへの取材で分かった。愛知県警は、女性と容疑者3人が自殺を目的に集まった可能性もあるとみて詳しい経緯を調べている。

知人によると、渡辺容疑者は医療関係の仕事に就き、人間関係に関する悩みを周囲に相談していた。

事件は6日に発覚。女性が客室のベッドの上で倒れているのをホテル従業員が見つけた。違法性のない薬物を使用した形跡があった。4人は交流サイト(SNS)を通じて知り合ったとみられ、自称愛知県安城市の派遣社員、鈴木健太容疑者(48)と兵庫県姫路市の大学生の女(18)は身柄確保時、言動がおぼつかなく「薬を飲んだ」と説明していた。

会員限定記事会員サービス詳細