防衛費確保へ増税 鈴木財務相「国民の理解と納得得ることが重要」

鈴木俊一財務相(矢島康弘撮影)
鈴木俊一財務相(矢島康弘撮影)

鈴木俊一財務相は9日の閣議後の記者会見で、防衛費増額分の財源確保に向けて岸田文雄首相が増税の検討を与党に指示したことについて、「国民の皆さまにご負担をお願いすることになるので、理解と納得を得ていくとが重要であると考えている」と述べた。

また、与党内の一部で財源を借金となる国債で賄うべきだとの指摘が出ていることについては、「防衛費は恒常的に必要となる経費で、(国債を)しっかりとした財源措置と位置付けるのは困難」との見解を示した。

岸田文雄首相は8日に開いた政府与党政策懇談会で、防衛費の増額に令和9年度以降、約4兆円の財源確保が毎年度必要になるとしたうえで、うち1兆円強を増税で賄う方針を表明。5年度からの増税は行わず、9年度に向けて段階的に税率を引き上げていく考えを示した。

自民安倍派、防衛費財源めぐり増税反対の声続出

西村経産相「このタイミングでの増税は慎重に」 賃上げや投資への影響懸念

会員限定記事会員サービス詳細